2008年03月10日

FXのレバレッジ

FXのレバレッジは"証拠金"や"取引額"と関連している事を知っておく必要があります。

FXでよく用いられているレバレッジは、"取引額"に対しての"証拠金"の倍率を表す数字です。

この"取引額"にあたる所が、各通貨ペア・為替レート・取引数によって変化する為に、レバレッジは変動する形となります。
以上を踏まえて例を見ていきましょう。

【例1】証拠金が1万円、米ドル/円(1ドル=110円)を1万通貨取引した場合(為替レートが変動)
1万ドル(110万円) ÷ 1万円(証拠金) = 110倍
【例2】証拠金が1万円、米ドル/円(1ドル=120円)を2万通貨取引した場合(取引数が増加)
2万ドル(240万円) ÷ 1万円(証拠金) = 240倍
以上の様な感じで、レバレッジは為替レートによって変動する、取引方法(通貨ペア・取引数・証拠金)で変化させるものになります。

スワップ派の人はレバレッジを効かせる事によって資金効率が高くなり、スワップ利益が得られるのがFX取引の魅力であり、チャンスやリスクに合わせて、上手にコントロールをしながら、取引する事が上級者への道とも言えるでしょう。
posted by スワップ at 20:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。